新型フィットハイブリッド値引き

新型フィットハイブリッドの値引き額は? 最大限安く購入するためのポイント【重要】

新型フィット&フィットハイブリッド登場!!

新型フィットハイブリッド値引き

新型フィットハイブリッドは、JC08モード36.4km/Lの低燃費!

大人気のフィット&フィットハイブリッドがフルモデルチェンジ!

テレビCMでは、「さあ、クルマで世界を驚かそう。」っていっちゃってるくらい進化した新型フィット。

フィットハイブリッドの燃費は、36.4km/L(JC08モード)!

マイナーチェンジで37.0km/Lに向上したアクアに次ぐ低燃費。

フロントマスクも初代、2代目とはガラっと変わりちょっぴりインサイトに似た感じの先進的なデザインに。

新型フィットのエンジンは3タイプ

ハイブリッド車
打倒アクア!のハイブリッドエンジンは1500cc+1モーター
最高出力は137PS(エンジン+モーター合計)
燃費は36.4km/L
価格は163万5千円〜。

ノーマルエンジン1300cc
ノーマルエンジンのフィットでは売れ筋の1300cc
最高出力は100PS
燃費は26.0km/L
価格は126万5千円〜。

ノーマルエンジン1500cc
走りの質やクルーズコントロールなど快適装備を充実させた上級グレード
最高出力は132PS
燃費は「15X」で21.8km/L
「RS」で21.4km/L(CVT)

価格は「15X」で158万円〜、「RS」180万円〜。

フィットハイブリッドとノーマルエンジンのフィット、燃料代はどちらが得か?

1カ月の走行距離が1000kmの方の場合で計算してみると、

ハイブリッド(36.4km/L)だとガソリンが27.47L必要、ノーマルエンジン1300ccのフィット(26.0km/L)だと38.46L必要。
ガソリン価格150円/L 換算で1カ月の燃料代の差額は1649円、年間でも2万円弱となる。

ですのでハイブリッドと、1300ccのノーマルエンジン車との価格差 約40万円を燃料代で取り戻すには、20年かかる計算になっちゃいます。

そのうえ実燃費がJ08モード燃費の70〜80%程度だと仮定するとそれ以上の年数がかかることになり、よほどのヘビーユーザーでなければ価格差を燃料代で取り戻すのは厳しいですね。

新型フィットの値引きは

新型フィットハイブリッド値引き

販売絶好調けにやや厳しい値引き状況が続いています。

 

ガソリンエンジン車は、車両本体値引き+オプション値引き(サービス)で10万円程度の値引きは望めますが
ハイブリッドは8万円が限界といったところ。
特に追加設定されたフィットハイブリッドの4WDはアクアに4WDの設定がないためかなり強気の状況で5万円程度の値引きしか期待できない。

 

フィットハイブリッドに関してはアクアとの競合が一番効果的ですので、必ず引き合いに出しましょう。

 

ノーマルエンジン車なら、ノート、ヴィッツ、デミオなどと競合させましょう。

 

お決まりの経営の異なるホンダ同士の競合ももちろん効果的です。

新型フィット値引き

ただし注意点がひとつ

 

下取り車がある方は、たいてい下取り額と値引き額をゴッチャにされてしまいます。
カーディーラーの営業マンの決まり文句『値引きはできないんで下取りで頑張ります』とか言ってごまかそうとするのでご注意を!


新型フィットをなるべく安く買うためには

フィットハイブリッド値引き

まずは、必ず下取りを計算に入れない見積りをつくってもらうようにしてください。
その状態で値引きをお願いしましょう。
オプション値引き(サービス)を含め7〜8万円程度の値引きが出たらまずまずです。

 

値引きの話がひと段落したら、最後に下取りの話を切り出しましょう。

 

値引き交渉をねばったところで、せいぜい1〜2万円のアップにしかなりません。

 

それより今お乗りの車の下取り(買取)額を引き上げるほうが、断然カンタンです。

 

下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

下取りの交渉はじっくり慎重に行わないとかなり損しますよ。

 

ただ、あなたは愛車の適正な買取相場を知ってますか?

 

10万キロ以上走っていても、高額で取引されている中古車は数多くあります。

 

愛車の買取相場を知っておかないと、ディーラーの営業マンにうまく言いくるめられちゃいます。

 

ですので事前に『かんたん車査定ガイド』で査定額を調べておきましょう。

 

この『かんたん車査定ガイド』を使うと、複数の買取店が入札形式で愛車の買取価格を競り合ってくれるので、思っている以上に高値がつくことがありますよ。

 

無料で使えますので使わない手はありません。

 

そして、この一括査定サイトでとった見積りをもって、フィットを買うカーディーラーで下取り査定の交渉をするのです。

 

 

ディーラーの下取りの査定額の方が高額になれば、一括査定サイトで見積りしてもらった業者さんは断ればいいです。逆に、一括査定サイトでの見積りのほうが高ければディーラーの下取りを断ればOKです。

 

査定を依頼したからといって、必ず売らなければならないわけではありませんので、査定サイトをうまく活用しより高く買い取ってくれる業者に売却しましょう。

 

最近はカーディーラーの下取りも案外高額でとってくれるところもあるようです。特にフィットからフィットの乗り換えの場合プラス査定してくれるディーラーもあるみたいです。

 

新型フィット値引き

結論として新型フィットに限ったことではありませんが、新発売の車種はかなり値引きが厳しい状況なので、

 

人気の新型車をなるべく安く買うためには、下取り(買取)額を引き上げることが重要なポイントとなります。

 

値引き交渉でねばってもせいぜい1〜2万円のアップにしかなりませんが、下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

ですので、下取りを含め、より多くの査定見積りをとって、今お乗りの車をより高く売ることが結果安く購入することにつながります。

 


おすすめの一括査定サイト

利用者の満足度が高い一括査定サイトはこの3つ。
もちろんどれも無料で利用できます。

かんたん車査定ガイド
 

東証一部上場のエイチームが運営。
アップル、TAX、ハナテン、ガリバー、ビッグモーター、カーセブン等の大手を含む業者から最大10社に車の無料査定を依頼できる。
入力にかかる時間はたったの32秒!入力後1秒で愛車の概算価格がわかる

 

⇒かんたん車査定ガイドはこちら

スバット車買取比較
 

東証マザーズ上場のウェブクルーが運営。
ガリバー、カーチス、カーセブン、JAC、ラビットなどの大手を含む買取業者合計150社の中から最大10社に一括依頼が可能。
また事故車・水没車などの見積もOKなので、廃車をお考えの方も利用してみましょう。

 

⇒ズバット車買取比較はこちら

カーセンサー.net簡単ネット査定
 

リクルートの車情報誌「カーセンサー」が運営。
車買取業者の参加社数No.1!最大30社の見積り依頼が可能。

 

 

 

⇒カーセンサー簡単ネット査定はこちら

 

新型フィットが9月5日にフルモデルチェンジして登場。
今のところハイブリッドカーの市場ではトップのトヨタのプリウス、アクアの牙城を崩すため、今回のフィットは気合が違う。
(トヨタはハイブリッド車の累積販売台数が2013年3月、500万台を超えた。対するホンダは100万台強と大きく引き離されている。)

 

デザインもキープコンセプトだった先代とは異なる先進的なフロントマスクに。
燃費はアクアの35.4km/Lに対し、フィットハイブリッドは36.4km/Lと1km/L上回って登場。
11月アクアのマイナーチェンジで燃費1位の座は明け渡すものの、販売台数ではフィット/フィットハイブリッドの方が多い。

 

ノーマルエンジンのミッションは従来同様、無段変速のCVTだが、新型フィットハイブリッドはDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)が搭載されエンジンの動力を無駄なく伝えることが可能。

 

Sパッケージを選択すれば、ハイブリッド車でありながらパドルシフトによるスポーツ走行も楽しめる。

 

搭載されるバッテリーもアクアのニッケル水素バッテリーに対し新型フィットハイブリッドは新世代リチウムイオンバッテリーが使われている。(リチウムイオンバッテリーはニッケル水素バッテリーに比べ同じ大きさで出力が2倍)

 

全長が55mm長くなり室内空間も広々、特に後席の足元は広くゆったり座れる様子。
さらに後席をたためばフラットな荷室ができ長い荷物や自転車なども積めちゃいます。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ