新型フレアワゴン値引き

新型フレアワゴンの値引きは? 最大限安く購入する重要なポイント

新型フレアワゴン登場!

新型フレアワゴン値引き

マツダのフレアワゴンが4月にフルモデルチェンジ!

 

スズキ・パレットOEMモデルの初代フレアワゴンが平成24年6月に発売されたと思ったらもうモデルチェンジで初代を購入された方はあっという間に型遅れになっちゃって悲しんでることでしょう。

 

この新型フレアワゴンはスズキパレットの後継車スペーシアのOEMモデルとなります。

 

基本的に中身はまるっきり同じフレアワゴンとスペーシアですが、異なる点が2つ

 

カラーバリエーションがフレアワゴン5色スペーシア7色の設定。
※水色(フィズブルーパールメタリック)と、堀北真希が出てるスペーシアのCMのオレンジ色(キャンドルオレンジメタリック)はフレアワゴンにはありません。

 

フレアワゴンはNAのみの設定だが、スペーシアにはターボエンジン搭載モデルがある
※カスタムスタイルにはターボモデルもありますが、(ノーマルの)フレアワゴンはNAのみです。

 

減速時の力を利用して発電し燃料消費を抑える「エネチャージ」
13km/h以下になるとエンジンがストップする「アイドリングストップ」
アイドリングストップ時の車内を快適にする「エコクール」

 

などはもちろんスペーシアと同様。

 

 

燃費は2WDモデルで29.0km/L(4WDで26.8km/L)の低燃費。

 

全グレードがエコカー減税の免税対象です。
取得税と重量税が100%免税で44,700円お得ですね。

 

新型フレアワゴン値引き

新型フレアワゴンのメーカー希望小売価格は、126万5250円〜145万1100円。

 

自賠責保険、リサイクル費用、登録費用などで、ざっくりですが10万円くらいかかりますから
コミコミの乗り出し価格は、一番安いXG(2WD)でも値引きナシだと136万円くらい。

 

73,500円のバックモニター&ナビをつけたとしたら143万円ってとこです。

 

軽自動車って結構高いですね…


新型フレアワゴンの値引きは

4月発売の新型車の割には、大幅な値引きがされているようです。

 

車両本体値引き6〜8万円、オプション値引き(サービス)を含めると10〜11万円程度の値引き状況。

 

N-BOXやタントを競合に出し、なんとか頑張って12〜13万円の値引きを目指しましょう。

 

もちろん、スペーシアとの競合させるのも効果アリ。両車の違いはほとんどありませんから、メーカーにこだわりのない方はマツダとスズキ両方のディーラーで見積もりをとってより安く購入しちゃいましょう。

 

新型フレアワゴン値引き

ただし注意点がひとつ

 

下取り車がある方は、たいてい下取り額と値引き額をゴッチャにされてしまいます。
カーディーラーの営業マンの決まり文句『値引きはできないんで下取りで頑張ります』とか言ってごまかそうとするのでご注意を!

新型フレアワゴンをなるべく安く買うためには

フレアワゴン値引き

まずは、必ず下取りを計算に入れない見積りをつくってもらうようにしてください。
その状態で値引きをお願いしましょう。
先程いったようにオプション値引き(サービス)を含め12〜13万円程度の値引きが出たらOKです。

 

値引きの話がひと段落したら、最後に下取りの話を切り出しましょう。

 

値引き交渉をねばったところで、せいぜい1〜2万円のアップにしかなりません。

 

それより今お乗りの車の下取り(買取)額を引き上げるほうが、断然カンタンです。

 

下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

下取りの交渉はじっくり慎重に行わないとかなり損しますよ。

 

ただ、あなたは愛車の適正な買取相場を知ってますか?

 

10年落ちや10万キロ以上走っている車でも、高額で取引されている中古車は数多くあります。

 

愛車の買取相場を知っておかないと、下取り交渉を有利にすすめられませんよ。

 

ですので事前に、『かんたん車査定ガイド』で愛車の査定相場を調べておきましょう。

 

9項目のカンタン入力で愛車の査定額をチェックすることができます。

 

この『かんたん車査定ガイド』を使うとお車の情報を一度入力するだけで複数の買取店への査定依頼ができます。複数の買取店が入札形式で買取価格を競いあうため高額査定がでやすいのが特徴です。

 

無料で利用できるので使わなきゃ損ですよ。

 

そして、この一括査定サイトでとった見積りをもって、フレアワゴンを買うカーディーラーで下取り査定の交渉をするのです。

 

 

カーディーラーの下取りの査定額の方が高額になれば、一括査定サイトで見積りしてもらった業者さんは断ればいいです。逆に、一括査定サイトでの見積りのほうが高ければカーディーラーの下取りを断ればOKです。

 

 

以前は、カーディーラーの下取りよりも買取店での査定額の方が全然よかったんですが、最近はカーディーラーの下取りも案外高額でとってくれるところもあるようですよ。

 

 

新型フレアワゴン値引き

結論として新型フレアワゴンに限ったことではありませんが、軽自動車はかなり値引きがシブイので、

 

なるべく安く買うためには、下取り(買取)額を引き上げることが重要なポイントとなります。

 

値引き交渉でねばってもせいぜい1〜2万円のアップにしかなりませんが、下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

ですので、下取りを含め、より多くの査定見積りをとって、今お乗りの車をより高く売ることが結果安く購入することにつながります。

 


おすすめの一括査定サイト

利用者の満足度が高い一括査定サイトはこの3つ。
もちろんどれも無料で利用できます。

かんたん車査定ガイド
 

東証一部上場のエイチームが運営。
アップル、TAX、ハナテン、ガリバー、ビッグモーター、カーセブン等の大手を含む業者から最大10社に車の無料査定を依頼できる。
入力にかかる時間はたったの32秒!入力後1秒で愛車の概算価格がわかる

 

⇒かんたん車査定ガイドはこちら

スバット車買取比較
 

東証マザーズ上場のウェブクルーが運営。
ガリバー、カーチス、カーセブン、JAC、ラビットなどの大手を含む買取業者合計150社の中から最大10社に一括依頼が可能。
また事故車・水没車などの見積もOKなので、廃車をお考えの方も利用してみましょう。

 

⇒ズバット車買取比較はこちら

カーセンサー.net簡単ネット査定
 

リクルートの車情報誌「カーセンサー」が運営。
車買取業者の参加社数No.1!最大30社の見積り依頼が可能。

 

 

 

⇒カーセンサー簡単ネット査定はこちら

 

CMには尾野真千子を起用。
マツダのCMで女優を使うのは近年なかったので、かなりフレアワゴンに気合を入れてるってことですね。
スカイアクティブでやや上向きのマツダですが、軽自動車もがんばってほしいと思います。

 

スズキ・スペーシアカスタムの登場により、フレアワゴンにもカスタムスタイルが追加。
ターボエンジン搭載車もありますので、NAのパワー不足が気になる方はカスタムスタイルがおすすめです。

 

ルーフが白のカラーがかわいいですね。
ラパンにもあるけど、もともとはミニが元祖ですよね…? たぶん

 

マツダ・フレアワゴンとスズキ・スペーシアのどちらを買うのがお得か?
値引き対応に関してはマツダの方がやや柔軟に対応してくれる印象です。
ただ過去の中古車相場やオークションの落札価格を見ると、マツダ・AZワゴンよりスズキ・ワゴンRの方が高い状況に思えます。
AZオフロードとジムニーも同様。
ですので、乗りつぶすつもりで購入される方は、マツダ・フレアワゴン。
数年後乗り換える予定の方は、スズキ・スペーシアという選択もいいかも…!?

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ