カローラハイブリッド値引き

カローラハイブリッドの値引きは?《 最大限安く購入するための》重要なポイント

カローラハイブリッド新登場!!

カローラハイブリッド値引き

カローラアクシオ&フィールダーにハイブリッド車(HV)が仲間入り!

 

8月6日発売のカローラアクシオ&フィールダーハイブリッド。アクアと同じユニットを搭載し、燃費は33.0km/L(JC08モード)を達成

 

主だった外観の変更はないものの、内装をより上質に手直ししボディ剛性も向上、バッテリーはリアシート下に搭載されるため、ガソリン車と同じ室内&荷室スペースを確保している。

 

価格はアクシオハイブリッドが192万5000円から、フィールダーハイブリッドが208万5000円から。プリウスやアクアの荷室スペースに不満だった方にはフィールダーハイブリッドの広い荷室は魅力ですね。

 

タンク容量は、42L⇒36Lにサイズダウンしてますが、現行の1.5Lガソリン車(アクシオ)のJC08モード燃費は21.4km/L(アイドリングストップ付車)ですので、単純計算で満タン状態だと約289km多く走れる計算になります。

 

自動車取得税と自動車重量税が免税(100%減税)です。


カローラハイブリッドの値引きは?

カローラハイブリッド値引き

発売されたばかりということもあり、値引きは10万円程度が限界といったところ。

 

状況によっては、最近値引きが拡大傾向のプリウス(のお買い得グレード「S」)とそれほどかわらない価格になってしまうかも…。セダンのアクシオハイブリッドを検討中の方は、プリウスとの比較も考え、すこしの差額なら車格が上のプリウスの方がお得かもしれませんよ。

 

フィールダーハイブリッドの場合は、競合ライバルはフィットシャトル。さらに販売好調のXVハイブリッドや9月発売の新型フィットハイブリッドなどを引き合いにだしてみましょう。(新型フィットハイブリッドは2013年9月5日発売。カローラハイブリッドと同じ1.5Lエンジンベースのハイブリッドで燃費は36.4km/L。価格は最上級グレードでも193万円ですので、競合としてはかなり効果がありそうです。)

 

なかなか厳しいかもしれませんが、オプション値引きを含めなんとか10〜12万円程度の値引きをお願いしてみましょう。

 

カローラハイブリッド値引き

ただし注意点がひとつ

 

下取り車がある方は、たいてい下取り額と値引き額をゴッチャにされてしまいます。
カーディーラーの営業マンの決まり文句『値引きはできないんで下取りで頑張ります』とか言ってごまかそうとするのでご注意を!


カローラハイブリッドをなるべく安く買うためには

カローラハイブリッド値引き

まずは、必ず下取りを計算に入れない見積りをつくってもらうようにしてください。
その状態で値引きをお願いしましょう。
とりあえず8〜10万円程度の値引きが出たらまずまずです。

 

値引き話がひと段落したら、最後に下取りの話を切り出しましょう。

 

値引き交渉をねばったところで、せいぜい1〜2万円のアップにしかなりません。

 

それより今お乗りの車の下取り(買取)額を引き上げるほうが、断然カンタンです。

 

下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

下取りの交渉はじっくり慎重に行わないとかなり損しますよ。

 

ただ、あなたは愛車の適正な買取相場を知ってますか?

 

特にトヨタ車以外にお乗りの方は注意が必要!トヨタディーラーでの下取り査定は(ディーラーにもよりますが)トヨタ車以外の車はあまり高額査定は出にくいみたいです。

 

しかし、10万キロ以上走っていても、高額で取引されている中古車は数多くあります。

 

愛車の買取相場を知っておかないと、ディーラーの営業マンにうまく言いくるめられちゃいます。

 

ですので事前に『かんたん車査定ガイド』で査定額を調べておきましょう。

 

この『かんたん車査定ガイド』を使うと、複数の買取店が入札形式で愛車の買取価格を競り合ってくれるので、思っている以上に高額査定がつくことがあります。

 

無料で使えますので使わない手はありません。

 

そして、この一括査定サイトでとった見積りをもって、カローラハイブリッドを買うディーラーで下取り査定の交渉をするのです。

 

 

ディーラーの下取りの査定額の方が高額になれば、一括査定サイトで見積りしてもらった業者さんは断ればいいです。逆に、一括査定サイトでの見積りのほうが高ければディーラーの下取りを断ればOKです。

 

カローラハイブリッド値引き

結論としてカローラハイブリッドに限ったことではありませんが、デビューしたての新型車はかなり値引きが厳しい状況なので、なるべく安く買うためには、下取り(買取)額を引き上げることが重要なポイントとなります。

 

値引き交渉でねばってもせいぜい1〜2万円のアップにしかなりませんが、下取り(買取)額が10万円以上アップすることは多々あります。

 

ですので、下取りを含め、より多くの査定見積りをとって今お乗りの車をより高く売ることが結果安く購入することにつながります。

 


おすすめの一括査定サイト

利用者の満足度が高い一括査定サイトはこの3つ。
もちろんどれも無料で利用できます。

かんたん車査定ガイド
 

東証一部上場のエイチームが運営。
アップル、TAX、ハナテン、ガリバー、ビッグモーター、カーセブン等の大手を含む業者から最大10社に車の無料査定を依頼できる。
入力にかかる時間はたったの32秒!入力後1秒で愛車の概算価格がわかる

 

⇒かんたん車査定ガイドはこちら

スバット車買取比較
 

東証マザーズ上場のウェブクルーが運営。
ガリバー、カーチス、カーセブン、JAC、ラビットなどの大手を含む買取業者合計150社の中から最大10社に一括依頼が可能。
また事故車・水没車などの見積もOKなので、廃車をお考えの方も利用してみましょう。

 

⇒ズバット車買取比較はこちら

カーセンサー.net簡単ネット査定
 

リクルートの車情報誌「カーセンサー」が運営。
車買取業者の参加社数No.1!最大30社の見積り依頼が可能。

 

 

 

⇒カーセンサー簡単ネット査定はこちら

 

その昔、カローラは日本の国民的大衆車で販売台数は常にトップでした。
いまでもトヨタというか日本を代表する車には違いないのですが、時代はかわりプリウスやアクアなどのハイブリッドカーが上位を独占。
アクシオ&フィールダーのハイブリッド登場で販売増が予想されるカローラですが、はたしてまた1位に返り咲くことができるでしょうか?
今後トヨタは量産車の殆どを順次ハイブリッド化するみたいですので、昔みたいにカローラ○○とシリーズを増やし(少々インチキかもしれませんが)
また「1位カローラ」っていう順位を見てみたいと思うのは私だけでしょうか?

 

トヨタカローラにHV車が追加。
8月6日発売のカローラハイブリッド。燃費はガソリン1リットル当たり33.0キロで、ガソリンエンジン車でもっとも燃費の良いモデルの21.4キロを大幅に上回る。
月間の販売目標はアクシオHV1000台。フィールダーHV1500台。事前の予約状況は7月末時点で6300台とのこと。

 

カローラハイブリッドシリーズのテレビCM「ラブ&ジーンズ」編には木村拓哉が出演。なんとTOYOTOWNの市長とのことです。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ